7歳8か月30日目 

今日は家業のお手伝いで、土砂降りの中、戸外での作業でした。
ずぶ濡れになりましたが、身体を動かしたのが良かったか、あれだけしんどかった体調がすっかり元通りに。
逆にpapaは体調不良に陥ってますが。

福助くんはアレルギーで鼻は相変わらずグシュグシュしているものの、それ以外はとても元気です。

何でも夏風邪が流行ってて学童をお休みしてる子が多いとのこと。福助くん、病は片っ端から貰ってくるので、気を付けないと。
新学期早々お休みなんてイヤーよ。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

7歳8か月29日目 

今朝は10時まで寝ていた福助くん。
昨晩は10時に寝たので、就寝時間は12時間!
赤ん坊の頃でも、こんなに長時間寝ることは稀だったのに。
夏の疲れが出ました?
こんなに寝たら、今日は眠れないんじゃないのかな。


***


今夜はわが家にて、とある打ち合わせがあり、お客様が10人ほどがいらっしゃいます。
福助くんは居場所がないのでbabaんちで夕飯を…と言ってたんですが、本人の希望により、家に残ることに。
打ち合わせ中は部屋の隅っこで迷路本を読みながら過ごし、続く食事会では、福助くんの分の料理はないので、キッチンでカップラーメンをすすっていました。


お客様が帰られたあとは、後片付けを率先して手伝ってくれ大助かり。


ご褒美にpapaからお駄賃をもらったので、これで明日はゲームをしよう♪と喜んでます。


***


深夜0時。


福助 「眠れない!」



そりゃあんなに寝たらさ…


どうでもいいけど、自分が眠れないからって、ママの睡眠を邪魔するのはやめて欲しいわ。

ママは水曜日の映画の寝不足を未だにひきずってて、福助くんの夜更かしに付き合ってられるほど体力残っていませんから。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

7歳8か月28日目 

映画を観て夜更かしして以来、体調が優れません。
若い頃は徹夜なんてへっちゃらだったのに。
今は一晩の寝不足で、1日2日3日とだるさを引きずっています。

対する福助くんはとっても元気です。

「わしゃーもうダメじゃあ~」と、私がまんが日本昔話のおじいさん状態になってる横で、福助くんはママとのお約束「夏休み中に問題集仕上げる」を果たすべく、せっせと鉛筆を走らせています。


問題集一冊につき、ドラえもんの単行本という餌が鼻先にくっ付いてるんですけどね。  
結構効き目はありますよ。




おでかけは新入りのコアちゃんといっしょ。
コアちゃん

福助 「コアラだから『コアちゃん』って名前にしたの。女の子だよ


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

7歳8か月27日目 

昨日の話。

家族3人でジュラシックワールドを観てきました。

土日はこれから先1か月間、スケジュールが埋まっています。多少寝坊のできる夏休みに行くしかないってことで、強行突破のレイトショー。

私、3D映画は初めて。子どもの頃、何かの博覧会のパビリオンで観たなぁ。papaは怖いから2Dにしようと言ってたけど、せっかく大きなスクリーンですからね。多少お金が高くても3Dを観なくっちゃ。



ジュラシックワールドのメイキングをテレビで観ていたせいか、怖い!ってシーンはなかったです。ホラーな場面もなく、思っていた以上にファミリー向けかな。

ストーリーは雑でご都合主義。ツッコミどころは盛りだくさんだけど、福助くんが「あー、面白かった」と喜んでいたので、映画館まで足を運んだ甲斐がありました。


満足して帰宅したあと、福助くんはシャワーを浴びて即お布団へ。私は久しぶりの大画面に気が高ぶっているらしく、全く眠れず、気が付けば午前1時。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

7歳8か月26日目 

登校日です。

昔は8月6日でしたが、今は出席率のことも考えてるんですかね。お盆前だと遊びに行ってる家族も多いでしょうし。実際、私の子どもの頃の登校日は、2/3ほどの出席率でした。

でも今も昔も登校日の内容は同じみたい。戦争のお話を聞いたそうです。



帰宅した福助くん

 「おばぁちゃん、戦争のこと、知っとるかな」


いやー、おばぁちゃんは赤ん坊の頃に戦争が終わったそうだし、全然覚えてないって言ってたぞ。

昨年亡くなったおじいちゃんは戦争が終わった時に小学1年生だったから、少し知ってて、よく話してくれたんだけどね。



戦争が終わって学校に行くと、墨で教科書を塗りたくったこと。

小学校の校庭にアメリカのヘリが降りてきたので、授業抜け出して見に行ったら、アメリカの兵隊が2人ヘリから降りてきて、子どもたちのイガグリ頭を撫でた後、ガムとチョコレートをくれたこと。その後、教室に戻って先生にしこたま怒られたこと。

防空壕はあったけど、一度も入らなかったこと。

「こんな田んぼだらけの田舎にミサイル落としてくわけないやろ」

ですって。

戦争中には、都会から疎開してきた人が、納屋を借りて住んでた時期もあって、何も要らないと言ってるのに、着物を置いていったこと。

玉音放送は海水浴場で聴いたけど、何を言ってるかさっぱり分からなくて、周りの大人たちが「戦争終わったんやて」って話してるのを聞いて理解したこと。
よく言われてるような、悲壮感や安堵感も何もなく、みんな「ふーん」って感じで淡々としてたとか。


他にも色んな戦中戦後の話を聞いたけど、家族は誰も戦争に行ってないし、近所にも兵隊に行って亡くなった人はいなかったそうで、戦場の話は全く知らないようでした。


当時は夕飯時に何気なく聞いてたけど、こういう話はどんどん貴重になってくるんでしょうね。

語り継ぐ、というのは大げさだけど、そのうち福助くんにも、父の子ども時代の戦争話をしてあげたいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児