FC2ブログ

11歳8か月30日目

福助くん夕方帰宅。すぐに洗濯機発動。3日分の着替えやタオルですが、数こそあれ量は大したことなく。papaの1週間出張に比べると可愛いもんです(メンズ3Lとジュニア160cmの差)。
除湿機かけて干せば明日までに乾くから。でないと明日の着替えがありませんもん。

車酔いも全くなく、薬すら飲まなくて大丈夫だったそう。食事は「めっちゃ美味かった。ママの作るのより美味しかった」というのは毎度のこと。


にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月?08年3月生まれの子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

11歳8か月29日目

福助くんの合宿は2泊3日。今日も帰ってきません。こちらは酷い雨が降ってますが、向こうはそれほどでもないようで、学校からのメールによると昨日は川、今日は海での活動が予定通り行われたとか。


さて私、
こういう時こそひとりでやりたいことを思いっきりやればいいんでしょうけど、結局何をするわけでなく、テレビを見たりネットをチェックしたりして時間をつぶしてしまいました。誰かが監視して命令されないとダラケてしまう使用人タイプなんだなと思い知らされてます。それをpapaに言うと「福助くんが監視役になるの?」って驚いてましたが、この場合「子どもの前で怠けるのは良くない」って親としてのプライドがそうさせちゃうのです。


福助くんが出かける前日に、

私 「福助くんが合宿から帰ってきてお家に帰ろうとしたら、家がすっかり無くなってて、住んでる人もpapaやママじゃなかったらどうする?それで住んでる人にpapaとママのこと訊いたら『もう何十年も前に亡くなってますよ』ってなってさ」
福助 「はいはい、浦島太郎でしょ」

なんて話をしてたんですが、
本当に、家に帰ってきたら見違えるほど家が綺麗になってたら面白いでしょうね。3日間あるから思いっきり断捨離して家中の壁を白く塗って床はカーペット敷いて・・・って想像するだけでワクワクします。
でも実際は掃除機かけて買い物に行くのがやっと。前述したとおり、監視人も命令する人もいないととことん怠ける性分なもので。



にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月?08年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

11歳8か月28日目

papa日帰り出張のためいつもより1時間早く、福助くんは合宿のためいつもより30分早く家を出ました。
そんなわけで久しぶりに静かな日中を過ごしています。といってもbabaの病院の送迎+ランチのお供で昼間はほぼ家にいなかったんですがね。
でも今夜はpapaは夕飯必要ないし、夕方から夜の忙しさもなく。のほほんとしてたらすっかり夜更かししてしまいました。いつもみたいに「ママ、いつまで起きてるの!もう寝るよ!」って注意する福助くんもいませんしね。


にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月〜08年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

11歳8か月27日目

昨日は登校日でした。夏休みの工作や研究を持っていきます。そして明日からの合宿のため今日のうちに着替えなどの荷物は学校に持っていくことになってます。
大荷物だし、途中まで車で送ってあげるといったら「車で行ったらダメなんだよ!」って拒否されました。いや、ダメなのは車通学じゃなくて学校周辺で停車させるのが近所迷惑だし通学通勤の妨げになるから止めましょうって話なんだよ。こんな大きなカバンと工作両手に持って蒸し暑い中、学校まで2キロ弱歩くの大変だよ?乗ってきなさい!って私の主張と折半して、ちょうど半分の距離だけ車で送ってくことになりました。

帰宅して「誰も学校まで送ってもらったってやついなかった」と言いつつ、「学校の近くで○○のお母さん、車運転してるの見かけた」とか言ってたし、言わないだけでこっそり送ってもらってる子もいるのよ。


にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月〜08年3月生まれの子へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

11歳8か月26日目

夕方babaから「椅子から落ちて座れない、すぐに来て」との電話。福助くんと一緒にbabaんちに駆けつけました。

babaは体重過多、そして足と腰が悪く、普段は椅子に座って生活しています。歩くのは杖を持ってよちよちと。この時は玄関先にお客さんがこられて、立とうとしてバランスを崩し、地べたに座り込んでしまったそう。
近所の親戚のおばさんも来て、3人がかりでbabaの両腕、両脇を持って腰を浮かそうとするんだけど、びくともせず。どうしようもないので訪問看護の人を呼んでもらいました。


訪問看護さんを待つ間、床に座り込んだbabaが珍しい(パンダのぬいぐるみみたい)と、babaのスマホでパシャパシャ撮り、中学生の従姉に「転げ落ちたババ」とLINEする福助くん。ほどなく「WWW」がついたスタンプが返ってきてました。


しばらくしてやってきた訪問看護さん、いきなり椅子に座らせるのはハードルが高いので、まずは低いところから、と踏み台を持って来ました。
babaの身体を持ちあげる箇所は手でも脇でもなく、ズボンのウエスト。babaを3人で取り囲み、せいのーででウエストを上げ、babaのお尻が上がったところで、残り1人が踏み台をbabaの下に放り込みました。
踏み台に座ったところで、次はbaba自身がテーブルに手をつき、再び3人でウエスト上げ。立ち上がることができれば、あとは大丈夫。自分で椅子に座ることができました。



これ、日中じゃなく、夜中にトイレに起きた時とかじゃなくて良かったです。(夜中に駆けつけるのは私も大変だし)
あれから数日経ちますが、特にどこも悪くなく痛みもなく、福助くんの取ったbabaパンダの画像は親戚一同のLINEを駆け巡り、周りをも巻き込んだ笑い話で終わりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児