FC2ブログ

2歳8ヶ月30日目 京都旅行1日目 その2

旅行1日目 後半
(長くなったので、2回に分けて書いてます。)



・お茶

街中に移動して休憩。スイーツをいただきます。福助は定番のアイス。福助はバニラしか食べないのだけど、あいにくバニラアイスは扱っておりません。でもまぁ色的に白けりゃいいだろ…と、見た目バニラに見える黒豆アイスをオーダー。一口お相伴に預かると、結構豆の味がする。けど福助くん、あっという間に完食。そして

「もっとアイス食べるー」

おかわりを要求。

ままりんの食べてるカキ氷をあげようとすると「いらん」。あくまでアイスにこだわるんだけど、駄目だって。先月だったか、アイスの食べすぎでお腹壊したじゃんよ。
それでも欲しがる福助くんに、「じゃあ半分こしよう」とぱぱりん。かくしてアイスのおかわりとなりました。

ぱぱりんと半分こが条件だったのに、「福助くんが全部食べるの」 。ぱぱりんの口に入ったのはたった一口。かわいそうなぱぱりん^^;


・ホテルディナー

ホテルにチェックインしてシャワーを浴びて、すっきりしたところでディナー。ホテルのバイキングです。福助くんは無料(ちなみに宿泊料も無料)。オレンジジュースを飲みながら、ミニトマトをかじり、ラーメンをすすっていました。


・ショッピング

食事の後は3人で駅内のお店をフラフラ。福助くんには「せんとくん」のぬいぐるみを買ってあげました。あとはオレンジジュースを買ってあげなきゃ。100%は飲みにくいから、なっちゃんかクーで…と、あちこち探しまくるも全て100%。うむむむむー。駅を飛び出し、コンビニを2件回るけど、やっぱりなっちゃんもクーもない。なぜ?なぜ?スタンダートなオレンジジュースなのに。汗だくで店をめぐり、最後のコンビニで2Lのなっちゃんを発見。

ままりん 「こんな大きいのいらないよ。重いし、飲みきれないし」
ぱぱりん 「でも、これしかないんだもん。しょうがない。買うか」

とぱぱりんがなっちゃんを手に持った途端


福助 「なっちゃん要らん」


え?なんで?

ままりん「要らないの?でもオレンジジュース、こんなの(100%)しかないよ。いいの?」
福助 「オレンジジュースでいい」

これなら駅の売店で売ってたよ。わざわざこんな遠くまで汗だくになって探さなくても良かったなぁ。



って思ったけど、でもきっとね、

きっと福助くんは、ぱぱりんままりんが一生懸命なっちゃんやクーを探してる姿を見て、ワガママ言っちゃいけないって思ってたんだよ。だから100%オレンジに妥協した。遠くのコンビニまで来たのは無駄じゃなかったんだ。

そう考えると帰り道はちょっと幸せな気分♪何事もプラス思考です^^;


・ホテル

再度シャワーを浴びてスッキリ。今日はお昼寝してないし、たくさん歩いたし、絶対疲れてるよね。さー、いつ寝てもいいよ。しかし福助は隣のばばと大ばばの部屋に遊びにいったり、ソファとベッドを何度もよじ登ったり。8時を過ぎて9時を過ぎて10時になっても寝る気配がありません。いい加減、ままりんの方が眠くなってきたので、テレビと電気を消して寝ることにしました。福助くんはままりんのベッドです。福助側にソファ2つを並べて転落防止。福助にはホテルのバスタオル(未使用)をかけておやすみなさい。

しばらく天井をじっと見て「おきる!」と脱走したり、なかなか寝付けないようす。付き合ってたら夜中になりそうなので、福助の寝入ったのを見届けることなく、ままりん寝てしまいました。その頃には静かになってたし、同じ頃に寝たんでしょう。



福助くんに、ジュース以外に買ってあげたもの
おみやげ
せんとくん絆創膏、せんとくんにんぎょう、ひこにゃんソックス、いちごポッキー

京都旅行です、念のため^^;




スポンサーサイト

テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

2歳8ヶ月30日目 京都旅行1日目 その1

 年に一度の小旅行。今年も去年と同じ、京都です。参加者はぱぱりんままりん、ばば、大ばば、そして福助くん。家族3人で出かけた昨年に比べ、今年はちょっと賑やか。


 ・地元の駅
改札口で福助の手を引っ張って歩いてると、見知らぬ中年女性から「可愛いので写真を撮らせてください」と言われ、怪しそうな人じゃなかったので快諾。携帯で撮った画像を我々に見せ、「いわさきちひろの本に出てくるみたい」と仰ってくださいました。まぁ嬉しい。

 ・電車内
去年はエンエン泣いてずっとデッキに出ていたのですが、今年はとっても良い子でした。オモチャは持っていかなかったんだけど、自分なりに時間の潰し方を見つけたようです。

 ・京都は(というか、日本全国なんですが)
…暑かったです。日差しが痛いくらいに照りつけ、いつも被るのを嫌がる帽子も「まぶしい。かぶる」と自ら進んで被っていました。



よく、京都に行ったと言うと、「京都に幼児の楽しめる場所ってあります?」って聞かれますが、まだこれくらいの年齢だと、大人のコースでも不平不満言いません。観光スポットに関しては、大人が主導権を持ってOKです。



というわけで、訪れたのは神社仏閣ばかり。ただ、そこは幼児連れ。無理に沢山回るのは辛いので、スケジュールは余裕をたっぷり。移動はタクシー。今回はばばも一緒なので尚更です。




 ・ランチ
まずはホテルで荷物を降ろして身軽になると、タクシーで移動してランチ。ぐるなびで「子連れ」表示のあるお店「葵匠」を選びました。

ぱぱりんが電話で予約する際、「2歳の子供がいます」というと、個室を用意してくれてました。新しいお店かな。漬物屋さんの経営する料理店です。

福助は電車の中でおっとっとを2袋も開けたので、お腹はそれなりに満たしてるみたい。ままりんの食べたランチの中から、蒸しエビだけ食べてきました。エビ食べるんだ。そういやこれまで、食べさせたことなかったっけ。


 ・下鴨神社→上加茂神社
どちらもかなり歩きました。福助は玉じゃりを「じゃりじゃり」言いながら歩いてます。暑いけど、靴下&スニーカー履かせて良かったー。ちょっとでも砂が入ると「歩けない!」と文句言いますから。おかげさまで旅行中は一度も「だっこー」とは言いませんでした。子供って本当に歩くの大好きですね。ばばや大ばばが感心してました。

上加茂神社に入る前にババが「疲れたから一服しよう」、と近くの蕎麦屋へ入ることに。大人たちはめいめいコーラやアイスコーヒーをオーダーしたんだけど、福助の飲めるオレンジジュースが全くありません。じゃあ目の前にある自動販売機で買ってあげる、と外に出たら、近くの2台ある自販機はどちらもオレンジジュースがない!手持ちの「クー」は空っぽ。福助は「ジュース飲みたい」と訴える。ぱぱりん、はるか向こうに見える自動販売機にダッシュし、なっちゃんゲットです。よかったねぇ、福助くん。               (つづく)


下鴨神社
神社
大人たちを置いて、ひとり先行く



テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

2歳8ヶ月29日目 おきゃくさんいっぱい

家業のお手伝いをしてくださる人たちが集まって、来月行われるイベントの打ち合わせ&飲み会が行われました。

ぱぱりんもままりんも朝からその準備に大忙し。福助くんがいると仕事にならないから、暫くばばんちに預けようか、と夫婦で話していたのですが、大人しくビデオ(夕方の16時から18時頃までのNHK教育の録画)を見てる後姿が「静かにしてるから預けないで」と訴えているように思えて、連れて行くのを止めました。

が、ビデオを見終わると態度が一変。まとわりついたり、走り回って襖に激突したり、せっかく片付けたおもちゃを床にばらばらばら~っと広げたり。思うように進まない準備と暑さでこっちはイライラ


夕方になりババ、そしてお客さん方もやってきて、打ち合わせが始まります。福助くんはなるべく邪魔にならないよう、ままりんとキッチンで待機。でも暑いしつまんないよね。しきりに「おそとでお月様みるー」だの、 「おきゃくさんのいるとこ、行くー」だの言って、ままりんの手を引っ張ります。リクエストに応えて何回か外に連れてったんだけど、ままりんも色々やることがあるし、ずっと外で月や星見てるわけにはいかないのよ。家の中に戻るたびに文句たらたら。

打ち合わせが終わって飲み会に突入すると、お客さんのいる部屋に放ちました。さすがに騒いだり走り回ったりしないのだけど、かなり眠いのか、ままりんに抱っこを強要。いやだから、ままりんやることがあるんだってば!抱っこしてもらえないと分かると、しぶしぶ絵本や迷路を広げてひとりで遊んでました。お客さんには「大人しくていい子だねー」と言われたんだけど、どうなのやら^^;


会合がお開きになり、お客さんが帰ったあと、片付けをしてババを家まで送り、福助くんはぱぱりんと一緒にシャワー。次にままりんがシャワーをしてると、ドアの向こうで福助くんの声。

「あけていい?」

「だめだよ」

「リンスしてるの?」

「リンス終わった。今身体泡だらけになってる」

「もうすぐ終わる?」

「まだ終わらない。ぱぱんとこ(居間)に行きなさい」

と言っても居間に戻る気配はありません。ずっと待ってるつもりなのか…。
でも以前はよく、「ままりーん」とお風呂場の前で泣いてたけど、今は大人しく待てるようになったなぁ。エライぞ。


お風呂場から出ると、福助くん、おもちゃの箱を持って立ってました。


「これやろう」


そっかぁ。。。今日はままりんと全然遊べなかったもんね。うん。やろうやろう。


ちょっと遊んで、ジュース飲んで、梅干(福助大好物)食べて、 「歯みがいておしっこしてねんねしようか」と聞くと

「ままときゅっして ねんねする」

可愛いなぁ。


午後10時。

約束どおり、歯みがいておしっこして、お布団に入って、きゅっとくっ付いてたら、10秒で夢の中。今日はおつかれさま。


つみきで
ベッド
「ほら、見て。寝るとこ」
「あぁ、ベッドだね」







テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

2歳8ヶ月28日目 ドライブは?

ぱぱりん休日。お弁当作らなくていいので、少しだけ寝坊ができるわ♪と思っていたら朝6時。ぱぱりんの起床と共にむっくり起きて、リビングへたたたたっ。ぱぱりんがつけたテレビを見てなにやらコメント。薄目開けたままりんに「起きる!」と訴えるんだけど、いやまだ早いって。「こっちおいで」、と手招きして、一緒の枕で1時間ほど寝ました。ただままりんの方はトイレを我慢してたので、寝たような寝ないような、でしたけど^^;

***

午後。
キャーキャー家の中を走り回っては物を投げとばす福助くん。眠いとしばしばこのような暴れん坊に変身するのです。そんな福助くんを見るに見かねたぱぱりん、「車に5分ほど乗せたら寝るだろ」と、3人でドライブに行くことになりました。

「どこ行くの?」

「ドライブ」

特にアテもなく、近場を車でぶーん。福助くん、ぱぱりんの意に反してぱっちり起きてますよ。寝る気配なし!



15分後、諦めて家に戻ってきました。


自宅の前に到着すると、不思議そうに


「ドライブはまだ?今日行かないの?」

「ドライブ」って場所だと思ってたようです。

なので、ただいまーっと玄関に入ったときは超不機嫌。いつもならサンダルを自分で脱いで揃えるのに、今日は

「ままが脱がせられて!


ままりんが何度「自分で脱ぎなさい」と言っても頑として


「ままが脱がせられて!



優しいぱぱりんが

「『脱がせられて』じゃなくて『脱がせて』だよ。福助くん、ぱぱが脱がせてあげる」

と、靴を脱がせたところ、火がついたように泣き出す福助くん。


「ままが脱がせられる!ままが脱がせられる!もう1回靴はく!!うわーーーーん!!!


優しくないままりん、無視してキッチンで片づけをしてると、しゃくりあげながらやってきました。

「靴もう1回はくー!ままが脱がせられるー!うわーんっ!!!

「『脱がせられる』じゃなくて『脱がせて』でしょ」

「ままが脱がせて。うわーんっ!!


泣きながらでも、ちゃんと言い直すところが可愛い^^;

しかし、なにをそんなにムキになってるのやら。とりあえずだっこして、ジュース飲ませたらご機嫌直りましたけど





テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

2歳8ヶ月27日目 バナナ記念日

今日はじめて
バナナひとりで食べたから
8月26日はバナナ記念日



バナナを自分で剥いて、自分で口に運ぶことができました。オフロスキーがバナナを剥いて食べてたお陰です。オフロスキー、わくわくさんと同じくらい大好きで、影響受けっぱなしなのです。

***


昨日のお昼寝は4時間弱。さすがに朝までノンストップ寝というわけにはいきませんでした。そういえばオムツが取れてから、9時間10時間と一度に長時間眠ることはないです。尿意をもよおす、もしくはおねしょして目が覚めるみたい。


今日は朝一通りの家事を済ませたあと、実家に行ってきました。これまで実家に行くときは朝7時出発だったんですが、あんまり早く実家に行くと、午後になると福助が飽きてグズグズになり、ままりんも、おじーちゃんおばーちゃんも疲れてしまうのです。(そういえばババの家にもしょっちゅう遊びに出かけてるけど、丸1日家の中で過ごすことは皆無だもんなぁ)


さて その実家で


ままりん 「福助くん、しりとりの意味が分からなくってー」


と言うと、おばーちゃん、さっそく福助くんのしりとりレッスン


「福助、これはなに?」

「つみき」

「じゃあねー、『つみき』の『き』。『き』のつくもの、福助くんわかる?」

「き?きつね!」


おぉ!?意味が通じてるんじゃない?


「じゃあ、『ね』のつくものは?」

「ねこ!」

「ねこの『こ』」

「こんにちわ!」


なんとなく、それっぽくしりとりになってるじゃないですか。ただ、まだ知ってる単語の数が少ないので、途中から無限ループになっちゃいますが。


おじーちゃんおばーちゃんちで つみきあそび
カーキャリア
カーキャリアを作ったんだそうです。

ちなみにこのつみき、なぜかおじーちゃんには指1本触れさせません。ちょっと触ろうものなら

「さわらないで!これ全部福助くんがつかうの!」

それでもおじーちゃんが積み木を掴むとムキー!

「福助くん、おこってる!おばーちゃんが全部使う」

と、おじーちゃんから積み木を奪い取って、全部おばーちゃんに渡してました。なんでだ(笑)


テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児