FC2ブログ

3歳2ヶ月24日目 頭じゃー

ヤマハ音楽教室で、5月以降の教材を注文しました。これをもって、正式に進級することが決定です。どうしようか悩んでいたけど、決まってしまえばスッキリ。まぁ楽しくなければ止めちゃえばいいですから。


午後からは所用でババんちへ。
お昼をいただくとすぐに「おそとでくるまみるー」。ババんちの前は交通量が多いので、車を見るのはうってつけなのです。
道路の温度掲示板は17度。福助くんはとってもご機嫌で、最近お気に入りの「ふたごのタンゴ」を歌い踊りながらのカーウォッチング。昨日はタンクローリーや大きなトラックをたくさん見たけど、今日はゴミ収集車とバスをよく見かけました。道が違うだけで走る車の種類もずいぶん違うもんですね。

***

最近、夕方になるとメソメソ泣き出す福助くん。理由はお風呂で髪を洗うとき、頭からシャワーをジャーッとかけられるから。つい数日前まで、ままりんが横向きに抱っこして洗髪してたんですが、それだと肩と首が痛いと言い出して洗面器に頭をつけなくなり、大人(?)のシャンプー方式に切り替えたのです。

が…もうもう、嫌がり方が尋常じゃありません。お子さま用シャンプーを買ってあげたけど、子供だましにはだまされず。朝起きていきなり「今日おふろ入る?頭じゃーする?」って聞くくらいですから相当苦痛、ストレスとなっているようです。

夕方、お風呂を沸かしてるときは10秒ごとに

「ねぇお風呂はいる?頭じゃーする?」

と不安そうに訊き、


お風呂が沸いて、さぁ入ろうというと


「はいらない…あたまジャーしない。だって福助くん、泣くもん

と泣き出し…。

実際風呂場では泣きを通り越して、虐待を連想させるような悲鳴。ままりんとしてはなるべく顔にかからないよう、後頭部から徐々にかけ、おでこ近くは手でガードして優しく優しく洗ってるのに、顔にちょびっとでもお湯がかかると

「ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃーぎゃーっ!!!!!」



どうやってしても泣きわめくんですね。

でも気持ちは分かりますよ。私も子供の頃、母親に髪を洗ってもらうのがとっても嫌でしたもん。容赦なくお湯が頭からジャーッとかけられ、目は閉じてても、鼻からお湯が入って苦しくて苦しくて。当時人気だったシャンプーハットも買ってもらったけど、窮屈で頭痛くなるわりには横から垂れてきたりして殆ど用なし。
それが何歳だったか、初めて自分ひとりで髪を洗ったときのこと。あんなに嫌だった頭からのお湯かけが…お?お?全然苦しくない!
自分のペースでお湯をかぶるから怖くもないし、鼻に入ってもこないのです。あのときの感動、大人になった今でも忘れません。

実際福助も、ご機嫌なときは自分でシャワーの下に頭を出したりして遊んでいるのです。だから洗髪するときも「自分でジャーしてごらん」って言うんだけど、それは「いや!。ハナっから身構えてます。ままりんのアドバイスなど聞く耳持たずです。

さて、福助くんは一体何日、洗髪の度に泣き叫ぶのでしょう。それはそれで楽しみになってきました。









スポンサーサイト



テーマ : 3歳児の日常 - ジャンル : 育児