FC2ブログ

3歳5ヶ月26日目 ままりん、伝染る(長文)

…昨晩から吐き通しでした、私。
気持ち悪いわ、胃は攣るわ…
朝になって、とりあえず嘔吐は治まったものの、38度近い熱があって布団から出られません。

なのに福助くん、5時に

「おなかすいたー。れいぞーこー」

ままりんを起こします。

「…何欲しいの

「バナナ」

「じゃあ取っておいで」

たたたっと冷蔵庫に走り、一番下の野菜室を開けてバナナを取ってくる福助くん。
ままりんの寝てる布団の横でもぐもぐと半分ほど食べてました。

「まだ夜だから寝て。ほら、外暗いでしょっ。ほらほら」

胃袋を満たした福助くんを促し、半ば強引に寝かせます。
しかし福助くんは昨晩7時に寝たので、睡眠はたっぷり、目はぱっちり。

「ねー、まだ朝じゃないがー。まだー?何時になったら起きるー?」

そればっか。

ままりんも本当は一緒に起きてあげたい。けどしんどくて。頭をあげたらクラクラして関節も痛いし、とにかくだるくて起き上がれないの。もう少し、もう少し寝かせて。

しかし福助くんに訴えは届かず。


「ねー、何時になったら起きるー?何時になったら起きるー?」

しつこい。

無視して寝てると泣き出しました。


「ままりーんままりーん、何時になったら起きるー?何時になったら起きるー?うわーーーん

しまいには


「ふくすけくん、いい子にしとるから!いい子にしとるから!目あけて!ねぇ、目あけて!うわーーーーん

最期を看取られてる気分です。


やっとこさっとこ布団から這いつくばって居間に座ると

「抱っこしてれいぞーこ」

だからゴメン、今日はとてもじゃないけど抱っこできないのよ。

「うわーんうわーん

泣く子には病人も勝てません。
渾身の力で福助を抱っこして冷蔵庫へ。ところが今日に限って福助がなかなか欲しいものを決めません。

「んー、んー」

もうだめ、気持ち悪い。
福助を下ろしてしゃがみこむままりん。

「早く決めて。何欲しいの」と倒れこみながら訊くと、 「ゼリー」と答えるので再度抱っこして冷蔵庫を開けます。


そうして命からがら冷蔵庫から取ってきたゼリーを居間に持ってきたわけですが、

スプーンを棚から持ってくるのを忘れました。


「福助くん、スプーン取ってきて」

「ままりん、取ってきて

だからままりん、しんどいんだって。気持ち悪いんだって。

「ままりん、取ってくるままりん、取ってくる!!

かなりの激しい押し問答のあと、結局今度も折れ、這いつくばって棚のとこまで行きましたよ。
んで、なんとかゼリーを食べさせました。



福助くんですが、昨晩の熱もすっかり下がったので、今日は登園させることにしました。(この状態で、とてもじゃないけど1日付き合ってられない)
ぱぱりんが、福助くんを車で幼稚園まで送っていこうかと言ってくれたんだけど、それだとぱぱりん遅刻になりそう。バス停は家の前です。なんとか気力で連れてきます。


マスクと帽子でスッピンを隠し、上だけ着替え、下はジャージのまま家を出ました。少し遅めに家を出たので、待たずにバスに乗せられたのは不幸中の幸いです(何しろ立ってるのが辛い)。
いつも車内から手を振ってくれる福助くんですが、今日は心配そうな顔でままりんを見つめておりました。気にしないで、元気で遊んでくるんだよー。



その後の私の体調はというと、病院に行って薬を飲んだものの、午後からどんどんどんどん悪くなり、冷や汗と吐き気で本当に動けなくなってしまいました(処方された薬の中に、体に合わないものがあったみたい)。
刻々と迫りくる帰りのバス時間。と、そこへババから電話

「ひどいの?じゃあ私がタクシーで幼稚園まで迎えにいって、しばらく家で面倒みとるわ。あんた、幼稚園に電話してくれる?」

うれしい♪

「はい、すぐにかけます!」

と答えたんだけど、枕元に持ってる携帯に、幼稚園の電話番号は入ってない。ほんの数歩歩けば番号の書いた紙があるんだけど、そこまでも動けない。

結局ぱぱりんに電話し、ぱぱりんから幼稚園に電話し、事情を説明してもらうことにしました。
というのも、お昼にぱぱりん、福助くんが心配で園に電話をかけてたんですよね。「元気に体操してます。給食は少なめにします」という答えが返ってきたそうですが。


午後6時。福助くん、ぱぱりんと帰宅。
いつもなら大声で「ままー!」って呼ぶのに、今日はとっても静か。ババやぱぱりんから、しつこく「ままりん、しんどいから」って言われたんだろうーなー。


しかし枕元に来ての第一声は

「おなかすいた。れいぞーこー」

でした。言うことは同じですね。けど、

「じゃあ自分でお椅子引っ張って好きなの取っておいで」

というと、朝みたいに「ままりん抱っこ!」とわがまま言ったりせず、自分で冷蔵庫からゼリーと、そしてスプーンも出してきました。




「夕飯はババがうどん注文したんだって」

とぱぱりん。
実はぱぱりんも午後から熱と吐き気があって、病院で点滴受けたそうな。多忙なぱぱりんにだけは伝染すまいと思っていたのに…。

そんなわけで、せっかくのうどんですが、ぱぱりんもままりんも箸が進まず。
「うわー、うどんだー、おいしそー、早くたべよーと食べる気満々だった福助は一口食べてお腹いっぱい、とソッポ向いちゃう始末。

座ってるのがしんどくて、その場で横になったままりんにくっ付いてくる福助くん。頭をなでなでしてたら午後7時、あっという間に寝てしまいました。
明日は家業の手伝いで5時起きです。ただでさえ体調が悪いんだからと、パパママも8時に寝ました。




スポンサーサイト



テーマ : 病気 - ジャンル : 育児