4歳11か月0日目 発熱2日目

昨日「もうだめだー」と唸りながら午後5時半に寝てしまった福助くん。その夜はぐっすり眠って、起きたのが何と午前4時。早起きも度が過ぎるんじゃありません?私はというと、午前3時過ぎにトイレに起きて再び寝てたのだけど、何となく福助くんが起きそうな気配を感じて目を開けたらば、ちょうど目を覚ました福助くんとばっちり目が合ってしまい、慌てて目を閉じて寝たふりをしたのでした。

布団の中で「喉かわいた」と訴えられれば、薄目を開けて枕元のペットボトルのお茶を手渡し(多分夜中に水分欲しがると思って、寝る前に置いといたのです)、「なんじ?」と訊かれれば枕元の目ざまし時計を指さす私。ここでぱっちり目を開けると、「一緒に起きよー」って腕を引っ張られるに違いありません。何が何でもそれは阻止せねば…。

だましだましで時間を延ばし午前5時。

「おしっこー」

とうとう布団から出なきゃいけないハメになりました。

福助くん、トイレから帰ってくると、さっそく食パンを出してきて

「おなかすいた。はちみつつけて食べる」

えぇっ、もう朝食食べるの?んまぁ昨日は夕飯抜きで寝ちゃったもんなぁ。機嫌が良くて食欲のあるのは良いことです。



昨日の熱が嘘のように元気な福助くん。これは幼稚園いけそう、と登園の準備をしてたんですが、熱を測ると37.5度。微熱があるってことで、今日は大事をとって休ませました。

今日はババの運転手で病院に行かねばなりません。約2時間の待ち時間、半分は外で車を見て、半分は待合室で。外は天気が良いけど寒いし、病院の中は温かいけど、いかんせん病院…どんな病気をもらってくるか分かりません。どっちに転んでも福助くんには悪条件。まぁこれもしょうがないことです。帰りにファミレスでうどんをごちそうになり、おもちゃまで買っていただきました。有り難いことです。そもそもこれだけ元気なのに、1日家に篭ってろと言ってもそれはそれでストレス溜まりそうですしね。母も子も。


その後、近所のお宅からキックスケーターを長期レンタルさせていただきました。お孫さん数人が使ったようで、いろんな子の名前がマジックで書いては、二本線で消されています。


さっそく試乗。
スケーター

しかし寒っ!熱があるのに寒い外でこんなもの乗り回して良いわけないっ。さっきの病院といい、むしろ、幼稚園行ってた方が温かい園内にいられて良かったのかも。


結局熱は日中37.5度をキープしたまま、そして夕方になって38度まで上昇しました。ただ今日はとっても元気なので、いつものようにお風呂に入り、夕飯食べてから寝ました。さー、明日はどんな具合かなー?また早朝に起きなきゃいいけど。




スポンサーサイト

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児