9歳8か月14日目  京都旅行 その2

京都駅に到着して、まずは着替えの入ったカバンを駅のコインロッカーに預けます。
(宿泊するホテルで預かってもらう方法も考えましたが、時間的にちょっと厳しい)

きょーと10

最近のコインロッカーで鍵じゃないんですね。
え?って一瞬躊躇する大人より、子どもの方が「ここだよここ!」って飲み込みが早いという。

ロッカー番号を入力してお金を入れたら発券が出てきて、荷物を取り出すときに発券に記されたバーコードを読み込ませると鍵が開く、と。
きょーと11

独身時代、コインロッカーに荷物を入れて鍵を回そうとしたらポッキリ折れたのを思い出しましたが、これならもうその心配は無し。
ただ、紙きれなので間違えて捨ててしまわないよう、注意が必要です。




身軽になったらJR園部行きに乗って太秦へ。

太秦って言ったら映画村。電車は10分遅れだそうだけど、映画村の開館は9時から。まだまだ時間があるから全く問題なし。


太秦駅から少し歩いて到着したのは太秦映画村の東映京都撮影所側入口。開館20分前でした。一番乗りです。
3月に訪れたときもこのゲートから入場しました。この入口の利点はアトラクションエリアから近いこと。お盆真っ只中ですから、人手は多いはず。アトラクションの行列を避けるためにも、なるべく早くに、より近い場所から入場するためです。



そんなわけで入場すると同時に待ち構えるたくさんの顔出し看板は今回はスルー。一目散にやってきたのはアトラクション。回数券を購入し、人気のからくり忍者屋敷に入りました。
きょーと12

私は前回福助くんと一緒に入ったので、今回は父子で。私はそのあいだ、近辺をウロウロ。外はさほど暑くなかったので助かりました。


2人が忍者屋敷から出てきた頃にはアトラクション前に行列がついていました。先に入っといて良かったー。

今度は初めてのアトラクション、おばけ屋敷へ私と福助くんとで。こちらはまだ列はありません。

すんごく怖いと聞いてましたが・・・怖いというより暗くて何にも見えなかったです。多分、目が暗いんだと思いますが、次どこに進めばいいのか全然わからなくて、福助くんに「つぎどっち?階段とかない?」って聞きながら進んでました。怖いというより、目の老化にショックを受けてでてきた次第です。もしかして夜盲症?一度眼科に行った方がいいですかね。

そのあとは前回クリアできなかったレーザーミッションへ。
今回はお見事、クリアできました。「ママ、いっぱいレーダー当たってたけど」って福助くん言ってたけど、大人は身体が大きいからしょうがないんだよ。

最後に、おもしろ迷路館を父子でやって、忍者カフェで休憩。

手裏剣サンデー。
きょーと13
手裏剣サブレが刺さってる。


さて、一休みしたら移動しましょうか。
きょーと14



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する