FC2ブログ

10歳1か月27日目

今日はおばぁちゃんちでお泊り。

夕飯は豚肉の生姜焼きでした。
ゆうしょく

辛いの苦手な福助くんのために、しょうがは少な目、
噛む力が弱い福助くんのために、肉は国産しゃぶしゃぶ用

という、とっても過保護な献立。


なのになのに、

福助 「お肉まずーい。要らん。」

おばぁちゃん「あら、おばあちゃん、せっかく作ったのに?」

福助 「こんな不味い味付け食べれんわ。肉は塩でないとダメなの!!」


よくもよくもまぁまぁ・・・そんなワガママを言うね。
これが給食なら知らん顔して食べるくせに。

いつもそうだけど、実家に来ると途端にワガママになるのです。
そのワガママが通らないと叩いたり物を投げたり。自宅なら絶対無いのに実家だとワガママが通ると知ってやりたい放題。

でも福助くんひとりでおばぁちゃんちに泊まるときは結構良い子だそうで。夕飯も大人と同じだけ食べていくって話なんですよね。

そういbabaんちでも、私と一緒な時に「〇〇食べる?」ってbabaにおかず出されても「まずそう。要らない」って拒否すること多いけど、私抜きでbabaとご飯食べたときは「すんごく食べていったわ」ってbaba言ってたし、あれだな。親がいると途端に聞き分けのない甘えん坊に変貌するんだわ。ま、分かっていたことだけどもさ。



今夜の豚の生姜焼きは・・・ま、要らないんなら食べなくてよろし。私が食べるよ。ビールと一緒に。
福助くんは白米とサラダでお腹いっぱいならヘルシーでいいんじゃない。



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ある日のできごと - ジャンル : 育児

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する