FC2ブログ

2歳0ヶ月27日目 おてつだい

● そうじ

「今日はお外の掃除するから、ふくすけくんも手伝ってね」

「そーじー」

年末なので、私は雑巾、ぱぱりんは長いホースを持って仕事場の入り口付近を大掃除。福助くんはぱぱりんの持つホースを珍しそうに見て

「ぱぱりん、びちゃびちゃ」


「なんだか福助に言われると遊んでるみたいだ」とぱぱりん。でも福助がいるといないとじゃ、掃除の楽しさも違います


● ゆうはん

「いまからお鍋作るから、福助くんもてつだってね」

2日間、睡眠時間が10時間を切ってたため、さすがに午後から眠くてご機嫌斜めな福助くん。眠くなると抱っこ抱っこと言いながら、ままりんにべっちゃりなので、夕飯を作るのも一苦労です。しかし最近、なんでも「じぶんでー」がブームな福助くんに、「お手伝い」を頼むとにっこにこ

じゃあままりんが切った野菜を鍋に入れてもらうお手伝いをお願いします。
福助くん、踏み台に乗ってキッチンに立つと、白菜やねぎを「これ大きいねー」などと言いながら一切れずつ鍋に入れています。なんとも楽しそうです。

野菜がてんこ盛りに入った鍋を火にかけ、そこにままりんが魚とスープを入れ、あとは煮えるのを待つだけ。福助くん、自分の手伝った鍋が気になるようすで「だっこしてー。あっち(キッチン)行くー、こっち(鍋)見るー」と何度も鍋の具合を確認していました。
そしてそのたびに

「たべるー」


いや、まだ煮えてないのよ。6時になったらぱぱりんと3人でたべようね。
とか何とか言い含め、お風呂に入るやら色々家事をこなし、さぁ6時過ぎたし、パパリンもお風呂から出てきたし、お鍋食べようか!と振り返ったらば…福助くん、寝てしまってました。あー、せっかく福助くんが手伝ってくれた鍋だったのになぁ。あれだけ食べたい食べたいとせがんでたし、先に食べさせておけば良かった…と後悔することしきり。起こすのもこれまたかわいそうだし、魚を2切れほど残しておくことにしました。でも今日はもう起きないだろうな。



「はい、ぷーさんもベビースター、どうぞ♪」わけあたえます
いまのところ、おもとだちは彼ら。




パパリンのブログ



スポンサーサイト



テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する